イオン導入 成分

お知らせ

イオン導入できる成分

イオン導入

イオン導入できる成分には、様々なものがあります。

 

イオン導入するにはまずその成分が水に溶けてイオン化しなければなりません。
イオン化するとプラス化マイナスにイオン化しますが、ビタミンCは正式名はL-アスコルビン酸というマイナスにイオン化する物質です。
基本的に○○酸というものはマイナスにイオン化します。

 

また、イオン導入するには成分の大きさが肌に浸透できるほどの小さなものである必要があります。
コラーゲンは分子量が30万、ヒアルロン酸は分子量が200万もあります。
ですからのままだと肌に浸透することができません。

 

ヒアルロン酸はN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸の結合が続いた構造でこれらの結合を切断して小さな分子にしたものを美容成分にしている美容液なども出て来ました。

 

イオン導入で代表的なものがビタミンC誘導体です。この成分を導入することで、ニキビの炎症を抑えることができると言われています。真皮まで浸透させることができるので、シワ、シミの改善にも有効で、肌のハリを取り戻すことができます。また、保湿効果も期待できます。

 

トラネキサム酸も導入可能です。これは美白有効成分として知られているもので、紫外線による生成物質を抑えます。情報伝達物質の生成を抑制することができ、メラノサイト内のメラニン生成を抑制することで美白へと導きます。

 

グリシルグリシンを導入することも可能で、毛穴の改善に効果を発揮します。この成分はペプチドの一種で、毛穴の収縮作用を有することから、毛穴の開きが気になる人におすすめです。

 

プラセンタも美白成分、美肌成分としてイオン導入することができます。

 

イオン導入できる成分は、このように色々ありますが、実際に導入の効果が明確にされているのは、ビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体の導入と化粧水を駆使していけば、1ヶ月くらいで肌の調子が良くなってきます。
美容に関心がある人なら、一度、イオン導入を試してみるといいでしょう。

 

 

超音波美顔器を体験中