ビタミンC 肌 効果

お知らせ

ビタミンCの肌への効果

肌荒れや美白効果以外にも肌を作り出すのに絶対必要なビタミンCですが、
ビタミンCは体にとって必要なものでありますが、体の中から作られることはありません。

 

主に食べ物によって摂取されます。
ビタミンCを多く含む食べ物はアセロラ、カキ、みかん、ブロッコリー、赤ピーマンなどです。

 

私の場合は、ビタミンCを普段の日常で多く取れないのでビタミンCを含むサプリメントで少しおぎなってあげています。

 

ビタミンCは正式名をアスコルビン酸といって水溶性の物質です。

 

ビタミンCの主な効果は

 

(1)コラーゲンを作るときの補酵素として働く

 

(2)抗酸化作用があり活性酸素を取り除く

 

の2つが主な役割です。

 

体内でビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなり、肌の弾力やハリを失い、シミ、シワが出来やすくなり老化を招きます。

 

ストレスや不規則な生活、年齢も重ねてくると、肌の新陳代謝も悪くなり肌のターンオーバーも遅れ始めてメラニン色素が沈着してシミ、そばかすになる原因もあるそうです。

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑える効果で、シミを出来にくくすることができるんです。

 

吹き出物が出やすい人や毛穴の開きが気になる人も少しビタミンCをとってみるとだいぶ変わると思います。

 

またビタミンCは老化の原因である活性酸素を除去し、多くの生理的機能と遺伝子レベルに作用し細胞の寿命を延ばして肌の老化を遅らせる効果もあるのです。
タバコを吸うとビタミンC要求量が増えるのは、タバコを吸う事で活性酸素が発生し、それを取り除くのにビタミンCが使われるからですね!

 

若々しくいるのには、日常にきちんとビタミンCを摂取することが大事です。

 

ビタミンC誘導体を含む化粧水

そもそもビタミンCとビタミンC誘導体の違いとは何でしょうか?

 

ビタミンCは不安定な物質で、酸性以外の環境、具体的には中性、アルカリ性、酸素、光、熱などに弱いです。

 

加熱調理によるビタミンCの成分効果の損失はよく知られているところでしょう。

 

またこのビタミンCを直接お肌に塗った状態で紫外線を浴びた場合には日焼け、シミの原因になることも知られています。

 

そこでビタミンC誘導体です。

 

効果はビタミンCと同じく、なんと言っても美白。

 

ただビタミンC誘導体も色々あり、肌のキメを整えるものや、シワ・たるみに作用したりするものなども開発されています。

 

またビタミンC誘導体でよく皆さんが聞くのはイオン導入ではないでしょうか?

 

もともと浸透率は良いビタミンC誘導体ですが、分子量が小さいことから、イオン導入(電流を流すことで効率的に美容成分を入れる方法)で入れてあげることでその浸透が30〜50倍にもなると言われています。

 

市販のものでもビタミンC誘導体を含む化粧水は多くあるので注目してみるのも良いですね。

超音波美顔器を体験中